大和ハウスリート投資法人

証券コード:8984

文字サイズ

ENGLISH

  1. ホーム
  2. ESGへの取り組み
  3. グリーンファイナンス

グリーンファイナンス

大和ハウスグループでは、「共に創る。共に⽣きる。」を基本姿勢とし、⼈・街・暮らしの価値共創グループとして、ステークホルダーとの信頼関係を構築して事業を通じて社会に貢献すること、ならびに、環境負荷“ゼロ”に挑戦してサステナブルな社会の実現を⽬指しています。
本投資法人は、大和ハウスグループの基本姿勢を共有し、ESGへ配慮した不動産投資運用の更なる推進を図るべく、グリーンボンド発行を含むグリーンファイナンスを実施します。

グリーンファイナンス・フレームワーク

■適格クライテリア

グリーンボンドまたはグリーンローンで調達された資金は、以下の適格クライテリアを満たすグリーン適格資産の取得資金もしくは同資金のリファイナンス資金または改修工事の資金もしくはそのリファイナンス資金に充当します。

1. 適格クライテリア 1(グリーン適格資産)
下記(1)から(3)の第三者認証機関の認証のいずれかを取得済もしくは今後取得予定の物件
(1) DBJ Green Building 認証における3つ星~5つ星
(2) CASBEE 不動産評価認証におけるB+ランク~S ランク
(3) BELS 評価における3つ星~5つ星

2.適格クライテリア 2(改修工事)
エネルギー消費量、CO2排出量または水使用量のいずれかを10%以上削減することが可能な改修工事

■調達資金の管理

グリーン適格資産の取得価格の総額及び適格クライテリア2を満たす改修工事資金の総額の合計額(グリーン適格資産総額)に、直近の決算期末時点の総資産有利子負債比率(LTV)を乗じて算出した額を「グリーン適格負債額」として、グリーンファイナンスの上限額とします。

決算期 2019年8月期(第27期)
グリーン適格資産総額(百万円) 209,741
LTV 41.5%
グリーン適格負債額(百万円) 87,042

レポーティング

■資金充当状況レポーティング

残高(百万円)
グリーンファイナンス 6,000
グリーンボンド 6,000
グリーンローン -
2019年11月25日時点の残高を記載しています。

本投資法人のグリーンファイナンスに関する資金充当状況は以下のとおりです。

グリーンボンド

名称 発行残高
(百万円)
利率 発行日 償還期限 未充当額
(百万円)
外部機関の
評価
第9回無担保投資法人債 6,000 0.53% 2019年
11月25日
2029年
11月22日
- JCRグリーンボンド評価「Green 1」

グリーンローン

借入先 借入残高
(百万円)
利率 借入日 返済期限 未充当額
(百万円)
外部機関の
評価

■インパクト・レポーティング

本投資法人は、グリーンファイナンスが残存する限り、ウェブサイト上で以下の指標を年次で公表します。

・保有資産の環境認証数・種類
詳細につきましては、こちらをご参照ください。

・水使用量
・電気使用量(エネルギー消費量)
・CO2排出量(GHG排出量)
詳細につきましては、こちらをご参照ください。

このページの先頭へ