大和ハウスリート投資法人

証券コード:8984

文字サイズ

ENGLISH

  1. ホーム
  2. ESGへの取り組み
  3. 賛同するイニシアティブ・外部評価

賛同するイニシアティブ・外部評価

責任投資原則(PRI)への署名

「責任投資原則(Principles for Responsible Investment)」は、以下の6つの原則を実現するための国際的な投資家のネットワークのことをいい、国連環境計画・金融イニシアティブ(UNEP FI)及び国連グローバル・コンパクト(UNGC)によって推進されています。 PRI署名投資家は、ESGの課題を投資判断に組み込むことを宣言し、長期にわたる責任ある投資家として、受益者の長期的な投資パフォーマンスを向上させ、受託者責任を果たすと同時に、あらゆるステークホルダーにとって豊かな世界の創造を目指しています。

CDP

<PRIの6つの原則>

1. 私たちは、投資分析と意思決定のプロセスにESGの課題を組み込みます
2. 私たちは、活動的な所有者になり、所有方針と所有慣習にESG課題を組み入れます
3. 私たちは、投資対象の主体に対してESGの課題について適切な開示を求めます
4. 私たちは、資産運用業界において本原則が受け入れられ、実行に移されるよう働きかけを行います
5. 私たちは、本原則を実行する際の効果を高めるために、協働します
6. 私たちは、本原則の実行に関する活動状況や進捗状況に関して報告します

本資産運用会社は、PRIの基本的な考え方に賛同し、2021年2月に署名機関として認証されました。

CDP気候変動プログラムへの参加

■CDPとは

CDPは、脱炭素社会への移行を促す世界の機関投資家や主要購買企業の要請に基づき、企業や自治体に、気候変動、水セキュリティー、フォレストの環境問題対策に対して情報開示を求め、また、この要請を通じてさらなる対策を促すことを主たる活動とする国際的な非営利団体です。2020年には、世界で9,600社以上の企業がCDPを通じて環境問題対策に関する情報を開示しており、CDPは環境情報開示の世界的なプラットフォームの一つです。

■CDP気候変動プログラム評価

CDP評価は、リーダーシップレベル(A、A-)、マネジメントレベル(B、B-)、認識レベル(C、C-)、情報開示レベル(D、D-)の8段階で付与されます。本投資法人は、2020年にCDP気候変動質問書に初めて回答し、気候変動問題に対する取り組みと情報開示姿勢が評価され、最上位レベルのリーダーシップレベルに位置づけられる「A-」のスコアを取得しました。

■CDPサプライヤー・エンゲージメント評価

DPサプライヤー・エンゲージメント評価は、気候変動に対するバリューチェーン全体での企業の取り組みを、「サプライヤーとの協働」「ガバナンス」「スコープ3排出量」「目標設定」の4つの分野の質問への回答内容及びCDP気候変動プログラムのスコアから評価します。2020年の評価においては、約5,800社の評価対象企業のうち、約400社(うち、日本企業約80社)が、特に優れた取り組みを行っている企業としてサプライヤー・エンゲージメント・リーダー・ボードに選出されました。 本投資法人は、2020年に初めてCDP気候変動プログラムに参加し、上場投資法人として初めてサプライヤー・エンゲージメント・リーダー・ボードに選出されました。

CDP

GRESBリアルエステイト評価への参加

■GRESBとは

GRESBは、不動産会社・ファンドの環境・社会・ガバナンス(ESG)配慮を測る年次のベンチマーク評価及びそれを運営する組織の名称であり、責任投資原則(PRI)を主導した欧州の主要年金基金グループを中心に2009年に創設されました。

■GRESB評価

本投資法人は2017年からGRESBリアルエステイト評価に参加しており、2020年の評価においては、総合スコアのグローバル順位により5段階で格付されるGRESBレーティングで「4スター」を取得しました。また、ESG推進のための方針や組織体制などを評価する「マネジメント・コンポーネント」と保有物件での環境パフォーマンスやテナントとの取り組み等を評価する「パフォーマンス・コンポーネント」の双方において優れた参加者であることを示す「Green Star」の評価を3年連続で取得しました。 ESG情報開示の充実度を測るGRESB開示評価においては、ESG情報開示の取り組みが高く評価され、5段階のうち最上位の「A」の評価を2年連続で取得しました。

GRESB

本評価の内容等については、GRESBのウェブサイトをご覧ください。:https://gresb.com/

SMBC環境配慮評価融資

■SMBC環境配慮評価融資とは

「SMBC環境配慮評価融資」は、融資の実行にあたって、株式会社三井住友銀行と株式会社日本総合研究所が作成した独自の評価基準に基づき、企業の環境配慮状況を「AAA」を最高位とする7段階で評価するものです。

■評価の概要

本投資法人は、環境配慮に関する取り組みにおいて、「環境マネジメント」「環境コミュニケーション」「環境保全対策の取り組みの状況」などの面で高い水準であることが評価され「A」の評価を取得しています。

SMBC環境配慮評価融資

MUFG J-REIT向けESG評価 supported by JCR

■MUFG J-REIT 向けESG 評価 supported by JCRとは

「MUFG J-REIT 向けESG 評価 supported by JCR」は、三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社が株式会社日本格付研究所(JCR)のサポートのもと、ESGに対する取り組みを評価し、「S」を最高位とする5段階でスコアリングを付与するJ-REIT専用の商品です。

■評価の概要

本投資法人及び本資産運用会社は、ESGの全ての領域において、幅広く取り組んでいることが評価され、最高位である「S」の評価を取得しています。

エコアクション21認証・登録制度

■エコアクション21認証・登録制度とは

「エコアクション21認証・登録制度」は、環境省が策定した「エコアクション21ガイドライン」に基づき、環境への取り組みを適切に実施し、環境経営のための仕組みを構築、運用、維持するとともに、環境コミュニケーションを行っている事業者を、第三者機関が認証し登録する制度です。
本資産運用会社は、2020年3月に認証・登録を受けました。

エコアクション

本制度の内容等については、エコアクション21のウェブサイトをご覧ください。:http://ea21.jp/

このページの先頭へ