大和ハウスリート投資法人

証券コード:8984

文字サイズ

ENGLISH

  1. ホーム
  2. ESGへの取り組み
  3. マテリアリティ

マテリアリティ

特定したマテリアリティ

マテリアリティの特定プロセス

本投資法人は、2021年にESGに関わる重要課題(マテリアリティ)を以下のプロセスで特定しました。

Step 1サステナビリティ課題の抽出

本投資法人に関わるサステナビリティ課題を、グローバルな各種ESG評価、
サステナビリティ開示基準、SDGsから抽出

Step 2優先順位付け

抽出した課題から、本投資法人における開示や対応の状況の確認、
本資産運用会社の経営層へのヒアリングを実施し、優先順位付け

Step 3妥当性の確認

客観性を担保するため、「選定プロセス」「特定したマテリアリティ」について、
CSRデザイン環境投資顧問株式会社によるレビューを実施

Step 4経営層の議論と承認

サステナビリティ委員会で議論、承認

なお、下表の項目は本投資法人の資産特性や運営方針に照らして重要と考えるものであり、社会的課題としての軽重を示すものではありません。

このページの先頭へ