大和ハウスリート投資法人

証券コード:8984

文字サイズ

ENGLISH

  1. ホーム
  2. ESGへの取り組み
  3. 社会への取り組み

社会への取り組み

社会に配慮した取り組み

本投資法人では、保有する物件において、社会に配慮した設備やサービスの導入を推進しています。

■ユニバーサルデザイン

■地域社会への貢献

テナント満足度向上に向けた取り組み

本投資法人は、テナントの満足度向上が、物件運用パフォーマンスの安定及び向上に繋がるものと考えており、テナントのニーズや満足度を把握するために、アンケートを実施しています。アンケート結果については、プロパティ・マネジメント会社(PM)等と共有し、建物・設備仕様及びサービス向上に活用しています。
2019年2月に物流施設全物件において、第三者機関によるアンケートを実施(回答率64%)しており、施設全般について約63%のテナントから「たいへん満足」または「満足」との評価をいただいています。

テナント関与プログラム

本投資法人は、本投資法人が保有する各物件のテナントと協働して環境への取り組みを推進しており、一部の物件において、テナントと定期的に協議会を開催し、環境情報・削減目標の共有化をはかっています。また、サステナビリティ・ガイドの配布・掲示により、環境意識の向上に向けた取り組みを行っています。

地域社会貢献に向けた取り組み

■地域の雇用創出

本投資法人が保有する一部の商業施設において、地元の方を優先して従業員の募集を実施しています。

■地域活動支援

本投資法人が保有する一部の商業施設において、地域活動支援の一環として、催事等のイベントを開催しています。

本資産運用会社では、公共公園施設管理事務所の呼びかけに応じて清掃活動に参加しています。

本投資法人が保有する居住施設において、町会費を負担することにより、地域の活動等に貢献しています。

大和ハウスグループの地域共生活動の詳細については、こちらをご覧ください。

健康と快適性

■健康と福祉

本投資法人は、保有する物件にフィットネスジム等の施設を設置することで、テナント・利用者への健康と快適性の提供に貢献しています。

■安全と快適性

本投資法人が保有する一部の物件において、公共空間を充実させ、安全と快適性を促進するため、広場・歩行者専用通路の設置・維持管理を行っています。

那覇新都心センタービル
(ダイワロイネットホテル那覇おもろまち)

■コミュニティ関連の違反・事故

本投資法人の保有する物件において、ステークホルダーに影響を与えるコミュニティ関連の重大な違反・事故はありません。(2018年度)

災害支援・レジリエンス

「アクロスモール新鎌ヶ谷」が所在する鎌ヶ谷市では、大規模な地震等の災害が発生し、水道の給水が停止した場合に、近隣の被災者へ井戸水を提供できる井戸を「災害時協力井戸」として登録を行っています。
本投資法人は、当制度の趣旨に賛同し、本物件において利用されている地下水について、災害時協力井戸として登録をしています。

アクロスモール新鎌ヶ谷

「アクロスモール新鎌ヶ谷」が所在する鎌ヶ谷市では、大規模な地震等の災害が発生し、水道の給水が停止した場合に、近隣の被災者へ井戸水を提供できる井戸を「災害時協力井戸」として登録を行っています。
本投資法人は、当制度の趣旨に賛同し、本物件において利用されている地下水について、災害時協力井戸として登録をしています。

サプライヤーに向けた取り組み

本資産運用会社は、「サステナビリティ方針」に掲げられた個別項目を実践するためのポリシーの1つとして「サステナブル調達ポリシー」を制定しています。本ポリシーは、製品等の選定基準及びサプライヤー(プロパティマネジメント(PM)会社・サービス提供者・物品納入者等)の選定・評価 基準に係る指針であり、サプライチェーンにおけるCSRの推進を図っています。

大和ハウスグループのCSRの取り組みにおける取引先への働きかけの詳細については、こちらをご覧ください。

■サプライヤー関連の違反・事故

本投資法人の保有する物件において、ステークホルダーに影響を与えるサプライヤー関連の重大な違反・事故はありません。(2018年度)

従業員に向けた取り組み

本資産運用会社は、サステナビリティを推進するための社内体制を構築し、従業員の教育・訓練を定期的に実施して⼈財の育成に取り組みます。また、安全かつ健康的に働くことのできる職場・多様な従業員が柔軟に働ける職場作りを⽬指します。

取り組みに関する詳細はこちらをご覧ください。

このページの先頭へ